1   お知らせ
音響式信号機の設置場所一覧
詳細は こちら

区内鉄道ホームドア設置計画について
@ 小田急電鉄
小田急線6駅にホームドアが設置されました。代々木八幡、代々木上原、東北沢、下北沢、世田谷代田、梅ヶ丘の6駅にホームドアが設置されました。
A 東急電鉄
詳しい情報詳細は こちら


小田急電鉄 「鉄道駅バリアフリー料金制度」活用、設備の整備を推進
年齢や障がいの有無にかかわらず、どなたにも一層安心して小田急線をご利用いただくために「鉄道駅バリアフリー料金制度」を活用し、設備の整備推進が本格的に動き出します。
新宿から本厚木間のホームドア整備、ホームと車両の段差・隙間の縮小、昇降機の更新等が実施となります。
持続的にバリアフリー設備の整備と更新を推進していくための計画に関する「鉄道駅バリアフリー料金制度」の活用について、2022年 8月 4日(木曜日)、国土交通省に届けをされプレス発表となりました。

駅構内におけるバリアフリー化に向け、段差を解消するエレベーター等の昇降機やスロープの設置による円滑な移動の実現をはじめ、バリアフリートイレの全駅への設置など、各種バリアフリー設備の整備を実施してきました。また、ホーム上の事故を未然に防止するホームドアは、新宿駅など 1日あたり 10万人以上のご利用をいただく駅において優先的に整備するなどして、現在までに 8駅へ導入しています。2022 年度には、特急車両にも対応したホームドアの導入を本厚木駅にて計画しています。

この度、年齢や障がいの有無にかかわらず、どなたにも一層安心してご移動いただける環境整備のため「鉄道駅バリアフリー料金制度」を活用し、設備の整備を推進します。2032 年度を目標に新宿駅から本厚木駅までの全駅へホームドア設置を完了するなど、従来ペースから設置を加速していくほか、ホームと車両床面の段差・隙間の縮小対策を進めます。また、老朽化した昇降機や誘導案内のための運行情報提供設備等の更新を推進してまいります。料金制度の活用は2023年 3月頃からを予定しており、皆さまに薄く広く負担をいただき、バリアフリー設備の整備へ充当します。

小田急電鉄は、安心してご利用いただく為に係員によるソフト面での接遇や先進技術の活用などを通じて、利便性の高い鉄道サービスの提供に努めてまいります。以前から世田谷線の乗り換え駅、福祉施設(うめとぴあ)へのアクセス解消に向けて豪徳寺駅のホームドア設置要望をしております。一日も早い対策実現となるように区と協力してまいります。


障碍者対応 ICカードの適用について
2023年3月18日から関東圏などで、障がい者向けの「Suica」 「PASMO」サービスが開始されます。対象は、第1種身体障害者または、第1種知的障害者の大人と、障がい者を介護する1名で、鉄道の自動改札機・バス運賃機で、割引運賃の自動精算ができます。各鉄道事業者の発売窓口、有人駅で障害者手帳などを提示、本人用と介護者用を同時に購入することが条件です。ICカードは、定期乗車券としても利用できます。

有効期限は、購入日から1年後の同月末日までです。カードにはそれぞれ「障」「介」の文字が印字されます。ICカードは本人と介護者の1組で、同時・同一行程で乗車する場合、障害者手帳を携行して利用できます。別々、または単独での利用はできません。新サービスの開始により、窓口で障害者手帳を提示することなく、スムーズに利用でき、移動の際の負担軽減につながります。尚、移動の際は必ず障碍者手帳を携帯し状況により手帳の提示を求められる場合もあるので手帳携帯は忘れずに。また、駅窓口で登録の際の代筆は駅員が行う事も可能であるので窓口に申し出下さい。


青い鳥郵便葉書 無償配付のご案内 ーー
日本郵便株式会社は青い鳥をデザインしたオリジナル封筒に通常郵便葉書を入れた「青い鳥郵便葉書」の無償配付を予定している。配付対象は重度の身体障害者(1級または2級)と知的障害者(療育手帳にAまたは1度、2度と表記されている方)。受付期間は4月3日(月)から5月31日(水)まで。

配付される葉書の種類は通常郵便はがきの「くぼみ入り」「無地」「インクジェット紙」または、通常郵便はがき・胡蝶蘭の「無地」「インクジェット紙」のいずれか1種類を選択(「くぼみ入り」は、視覚障害者が使いやすいように郵便はがきの表面左下に半円形のくぼみを入れ、上下・表裏が分かるようにしたもの)。

配付枚数は1人につき1種類を20枚。申し込みは次のいずれかで。
(1)最寄りの郵便局の窓口に身体障害者手帳または療育手帳を提示し、「青い鳥郵便葉書配付申込書」に必要事項を記入して提出する(代理人でもよい)
(2)適宜の用紙に「青い鳥郵便葉書配付申込書」と明記し、手帳の種類、級別または程度、希望する葉書種類、氏名、手帳の住所、配付先(代理人が申請する場合は、代理人の氏名、続柄、住所)を記入し、身体障害者手帳または療育手帳の写し(記入内容が確認できるページ)とともに最寄りの郵便局に郵送する。

申込書(別紙)は、郵便局の窓口で入手できるほか、ホームページ
(https://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2023/00_honsha/0313_01.html )
からダウンロードできる。
葉書は4月20日(木)以降、最寄りの配達を担当する郵便局から送付。申込書を提出した郵便局窓口で直接受け取ることができないのでご注意を。


段差解消用簡易スロープや点字メニューなどの経費を助成します
(商店等における地域共生社会促進助成事業)
障害のある方が商店や事業所等を利用しやすくなるための物品を購入する経費を助成します。

本助成事業の目的
世田谷区では、心身の機能に障害のある区民のみならず、様々な状況及び状態にある区民が、多様性を尊重し、価値観を相互に認め合い、安心して暮らし続けられることを目指して、令和5年1月に「世田谷区障害理解の促進と地域共生社会の実現をめざす条例」を制定しました。

この条例の理念に基づき、障害に対する理解を促進するとともに、段差解消用簡易スロープや点字メニューなどの経費の助成を行うことで、区民の生活の場である商店や事業所において、障害者を受け入れる環境の向上により、障害者が外出しやすい環境を整える取り組みを行ってまいります。本助成事業は、福祉のための寄附金を積み立てた「世田谷区地域保健福祉等推進基金」を活用して実施しています。

助成対象となるもの
・物品の購入 上限額7万円(10割助成)
・「段差解消用簡易スロープ」、「筆談ボード」など
・段差解消用簡易スロープ筆談ボード
・物品の作成 上限額5万円(10割助成)
・「点字メニュー」、「写真付き音声コードメニュー」、「コミュニケーションボード」など
・点字メニューコミュニケーションボード
(補足1)物品の『購入』と『作成』どちらも申請する場合は、上限額7万円となります。
(補足2)助成対象の物品は、複数の商店や事業所で共同利用するなど、地域の中で有効に活用していただく方法も考えられます。(段差解消用簡易スロープについても、共同で使用できる規格の製品があります。ご検討される場合は、「申込み・問合せ先」にご相談ください。)

手続きの流れ
1. 相談・申請(補足1)(補足2)
2. 物品の納品・支払(補足3)
補足1 申請される方は、「申込み・問合せ先」にご連絡ください。
補足2 物品の選定について、ご相談がある場合は、区職員等が伺います。
補足3 助成金は、区が物品の販売・作成事業者に直接支払うことができます。(委任払を選択された場合)

助成の対象者
世田谷区の商店や事業者等が対象です。

募集期間
令和5年度9月1日(金曜日)から受付開始
(補足)先着順に区で受付します。年度ごとに予算額を超える応募がある場合は、助成できない場合があります。

助成にあたって
この事業の助成を受けた商店や事業所には、共生社会促進の取組みを示すステッカーを入口等に掲示していただきます。助成を受けた商店や事業所は、区のホームページに掲載します。
ステッカーイメージ図
ステッカーイメージ図
申込み・問合せ先
世田谷区障害福祉部障害施策推進課施策推進担当
〒154-8504 東京都世田谷区世田谷4-21-27
電話番号03-5432-2385
ファクシミリ03-5432-3021

役員選任について
本年は役員選任の年にあたります。つきましては以下の通り、次期役員候補者を公募します。

1. 役員公募数  理事 9名 ・ 監事 2名
2. 任期 2年(再任可能)
3. 選任方法 正会員による立候補制 
4. 立候補受付 令和6年 3月1日(金曜日) から 締切り 令和6年 4月5日(金曜日) まで 所定の立候補届出用紙を使用、推薦者 3名を記載のこと
5.  役員選任は 5月 17日(金曜日)に開催予定の 第 21回通常総会で審議を行います。




房総半島バスハイク開催のご案内

大型バス 2台にて春の房総半島に出かけませんか。

メイン企画はバリアフリー対応のいちごハウスで大きくて甘いイチゴをお腹いっぱい
食べて下さい。

園内は水耕栽培で通路は広く安心です。

そして昼食は新鮮なお魚料理を満喫いただく、おすすめの企画です。

昨年の 10月からバス利用料金が値上げされましたが、大変ありがたき事に有志によるバス代金の支払いをご寄付いただきました。
会員のみなさまの楽しい場、健康増進、会員交流、地区サポーターさんとの理解促進
などの目的で開催することになりました。

一足早い春の訪れを体験にどうぞご参加下さい。

お一人での参加も可能ですのでご相談下さい。

1.  開催日時 3月 24日(日曜日) 集合 午前 7時 30分 混雑対
策の為、お早目にお集まり下さい。
2.  集合場所 上町社会福祉事業団前
3.  募集人数 70 名 先着となります。
4.  参加費 1名 5,000円 (付き添いも同額。食事・いちご狩り含み
ます。)
5.  締め切り 3月 15日(金曜日) 締め切り後のキャンセルは全額お支
払いとなりますのでご注意下さい。
6.  行程 上町出発 7時 30分、トイレ休憩 、 銚子・犬吠埼見学、買
物・食事、 いちご狩り、解散 17時 30分

当日連絡先 理事長 大竹 080−1305−5730
三凌部全体懇談会開催について

3月 16日(土曜日) 午前 9時 45分 児童相談所 1階会議室にて行います。

新年度の担当者配置、利用者様負担金の取り扱い、会場責任者の業務、地区サポーターさんの役割など全ての部員が対象です。

会議欠席の部員は事前に申し出を行い、個別にて説明致します。全員の出席が条件と
なります。
うめとぴあ朗読会開催のご案内

昨年、大変多くのみなさまにご来場いただきました朗読会を開催致します。

今回も「こうばこの会」のメンバーと俳優の大地康雄さんの朗読です。

第 2回 うめとぴあ朗読会

1. 日時 3月 23日(土曜日) 14時 から 16時
2. 受付 13時より プラザ 1階 総合案内前にて入場受付を開始します。
3. 会場 世田谷区立保健医療福祉総合プラザ 1階 研修室 C( 1階 フロア
奥)
4. 定員 70名 参加費 無料
5. 申込方法 総合プラザ 運営管理室まで下記方法にてお申込み下さい。 

電話 03−6379−4301  ファクシミリ 03−6379−4305
第2回朗読会の詳細は  こちら
第45回 せたがや梅まつり

初春の便りを告げる代表的なおまつりが区立羽根木公園で開催されます。

開催期間は 2月 10日(土曜日)から 3月 3日(日曜日)までです。

園内は 650 本の紅白色鮮やかな梅が見ごろであり、週末は梅まつり限定品の販
売、様々な催しが開催されます。

当会は 23日(祝日・金曜日)おもてなしマッサージ、福祉啓発活動、コード化点
字ブロックの体験会を行います。

毎年、多くのみなさまとの情報交換の場、福祉啓発の場として厳しい寒さの中ですが
初春を感じるお勧めのイベントですので、みなさまお出かけ下さい。

すでに梅が開花しており、散歩の場としてお勧めです。

せたがや梅まつりの詳細は  こちら
当日は悪天候で、雨・寒さの中での実施でした。
三療部員のおもてなしマッサージは来場された方からありがとうの感謝を受けました。出来れば、梅満開・暖かさの中での実施であると最高でしたが、本当に、みなさんお疲れ様でした。

【令和6年1月13日】「じんじん うめとぴあ上映会」を実施します
この度、バリアフリー映画上映会を開催致します。
音声ガイド・字幕案内にてお楽しみいただけます。
申し込み人数が決まっておりますのでお早目に申し込み下さい。

企画詳細は  こちら
全体懇談会開催について

次年度令和6年は役員改選の年です。 今後の会の運営などについて会員のみなさま
に状況をお伝え致します。 また現在実施しておりますサークル活動・新規事業であ
りますアイフォーン教室・会員のみなさまのご意見ご要望など理事と共に意見交換の
場を設けさせていただきました。
各サークル責任者は必ず出席願います。

@ 開催日時  令和6年1月27日(土) 午後1時30分から3時30分

A 会場 児童相談所1階会議室
参加連絡を1月25日(木) 事務所迄
参加者16名・現状説明・次年度の新規企画案・各サークル活動について責任者に報告いただきました。
日常生活用具の要望があり次年度に勉強会など企画予定です。

障害者週間記念事業 第43回区民ふれあいフェスタ 〜障害のある人もない人もせたがやで共に生きる
令和5年度の区民ふれあいフェスタを下記の通り実施いたします。作品展・自主生産品販売・表彰式などの開催となります。
第43回区民ふれあいフェスタの詳細は こちら

各団体参加の自主生産品販売・作品展は多くの来場者がありました。次年度は区民会館で盛大に開催致したいですね。
令和5年11月25日】『うめとぴあ朗読会〜未知の世界を楽しむ〜』を開催いたしま
す。
世田谷区立保健医療福祉総合プラザでは11月25日(土曜日)午後2時より、1階の区民活
動支援会議室1にて、「うめとぴあ朗読会〜未知の世界を楽しむ〜」を開催いたしま
す。
俳優の大地康雄さんをはじめ、3人の語り手が4つの異なる物語を紡ぎながら、皆様
を未知の世界へご案内します。
朗読会が初めて方も大歓迎です、ご興味のある方は是非ご参加ください。
【日時】 令和5年11月25日(土曜日) 午後2時から午後4時まで
     ※入場受付は午後1時30分からとなります。
     ※座席は当日の入場受付順のご案内となります。早く予約された方が前方
席となるものではございませんのでご注意下さい。
【会場】 世田谷区立保健医療福祉総合プラザ1階 区民活動支援会議室1 
【参加費】 無料
【定員】 60名(先着順 / 定員になりしだい受付終了)
【申込・お問い合わせ】保健医療福祉総合プラザ 総合案内 窓口(1階)
または、電話03-6379-4301 ファクシミリ03-6379-4305 まで
【共催】 世田谷区視力障害者福祉協会・世田谷区立保健医療福祉総合プラザ運営管
理室
【演目】
1話 「山ねこおことわり」(所要時間:10分強)
収録原作:あまん きみこ『車のいろは空のいろ』
語り手:滝口 美舞紀(たきぐち みぶき)
2話 「ママのワンピース」(所要時間:10分強)
収録原作:ハルノ ユウキ『5分後に意外な結末 exエメラルドに輝く風景』
語り手:滝口 美舞紀(たきぐち みぶき)
3話 「送り提灯」(所要時間:30分強)
収録原作:宮部 みゆき『本所深川ふしぎ草紙』
語り手:竹内 智美(たけうち ともみ)
4話 「心に響く小さな5つの物語」(所要時間:30分強)
収録原作:藤尾 秀昭:『心に響く小さな5つの物語』
語り手:大地 康雄(だいち やすお)
?(※3話終了後、4話開始前に10分間の休憩時間がございます)
「うめとぴあ朗読会」 (PDF 1MB)
<お問合せ先>
世田谷区立保健医療福祉総合プラザ 運営管理室
電話  03-6379-4301  ファクシミリ 03-6379-4305

福祉大会にご参加を
>  第55回東京都盲人福祉大会が来る11月1日(水)午後1時から同3時40分
> までの間、調布市のグリーンホール大ホールで開催されます。プログラムは第1部
> 式典、第2部議事、第3部アトラクションで、内容は佐々木芳子さんをお招きし、
> 「3.11 東日本大震災を体験して」の講演です。ご希望の方は10月16日(
> 月)までに各支部長へお申し込み下さい。各支部長は人数をお取りまとめの上、1
> 8日(水)までに本会事務所(電話03-3208-9001)へご連絡下さい。
当日は各支部会員多数が参加され、議事・アトラクションが開催されました。視覚障碍者に関する諸問題解決に向けてさらなる取り組みが必要です。

NPO世視協 創立 20年 祝賀会開催のご案内

2003年 10月 23日、世視協は特定非営利活動法人の認証登録を致し今年で
 20年となります。

これまでの運営に対し大変多くのみなさまのご支援ご協力を賜り、継続させていただ
ける事に深く感謝申し上げます。

会員数も 120名を超え地域のみなさまとの交流、理解促進に動き始めました。

会の活動項目として相談支援・就労支援・まちづくり・奉仕活動など様々な課題解決
に会員一体となり取り組んでおります。

これからも会員のみなさま、社会のみなさまと力を合わせて伝統を継承致します。

この度、創立 20年を迎えるにあたり理事会にて協議を行い、少々遠方になります
が横浜中華街にてお祝いの企画を開催致します。

また、6月 19日にて笹川吉彦氏が東京都盲人福祉協会会長職をご勇退されまし
た。

当会会長、都盲協会長、旧日盲連会長職などおよそ 60年以上に渡り大変なご功績
を果たされました。

笹川吉彦氏への感謝の場を合わせて会員一同にて実施致したいと存じます。

お一人でも多くのみなさまのご参加を願っております。

@ 開催日 10月 7日(土曜日)

A 開催場所 横浜中華街 中国飯店 (住所 横浜市中区山下町 154)

交通アクセス JR根岸線 石川町駅 北口 徒歩 5分 、みなとみらい線 元町・
中華街駅 徒歩 5分

B 開催時間 12時 から 14時 30分 (解散後は各自買物、現場解散)

C 募集人数 先着 60名

D 会費 4000円(お付き添いも同額)

オーダーバイキング 飲み物付き (各テーブル 8名予定)

アクセス対策として上町社会福祉事業団前からバス 1台にて移動します。

バス利用の方は午前 9時 45分に集合下さい。

会場に直接お越しいただいても結構です。

申し込み時にバス利用または直接会場での参加をお伝え下さい。

バスは先着 48名とさせていただきます。

E 申込締切 9月 29日(金曜日) 事務所 03−6662−5900
参加希望者数が定員となりましたので締め切りさせていただきます。参加者70名・多くのご来賓のみなさまにご祝辞を賜りました。
会員一同・笹川吉彦元会長に感謝とこれからの会の発展など・とても楽しい会でした。


令和5年度 世田谷区バス派遣研修事業開催のご案内  理事長 大竹 博

本年度も区のご支援による障害者団体対象の研修会を企画開催いたします。

昨年ご好評いただきました山梨、秋の定番果物のシャインマスカット収穫、ワイナ
リー見学など秋を満喫いただける企画です。

コロナ制限もようやく解除され外出の場としてお楽しみいただきたいです。

尚、お付き添い者が見つからない方は事前にご相談下さい。

社会福祉協議会地区サポーターさん数名に参加ご協力いただきますので、お一人での
参加も可能です。どうぞお早目に申し込み下さい。

山梨・勝沼方面 令和5年度 世田谷区バス派遣研修事業

@ 開催日 9月 27日 (水曜日)

A 集合時間 午前 7時 30分 、出発 7時 40分

B 集合場所 世田谷区社会福祉事業団前

C 参加費 お一人 4000円 (お付き添い者も同額)

D 参加募集人数 先着 70名

E 申し込み締め切り 9月 15日(金曜日)

申し込み先 事務所 03−6662−5900

尚、申し込みされた方で当日キャンセルの場合は全額お支払いいただきます。

F 行程

社会福祉事業団前 (7時 40分発)、 桔梗屋(買物)、 シャインマスカット狩
り、昼食(フルーツパーク)、 ワイナリー見学(買物)、 世田谷着 17時 3
0分 

当日緊急連絡先 理事長 大竹 080−1305−5730参加申込者の定員が70名となりましたので受付は終了させていただきます。
当日は最高の天候となり秋を満喫致しました。
トイレ休憩のサービスエリアは大型バスがかなり多く観光シーズンでした。
収穫致したシャインマスカットはとても甘くみなさんおみやげ購入されてました。

移動円滑促進モデル地区実証実験体験会開催のご案内

移動円滑促進プランが策定され梅ヶ丘・豪徳寺・松陰神社周辺が推奨モデル地区とな
りました。

なかでも福祉施設が多くある梅ヶ丘は保健、医療、福祉の拠点であり、うめとぴあな
どがあります。

この度、区とメーカー協力により梅ヶ丘駅からうめとぴあまでのルート案内、うめと
ぴあ 1階の案内 合計 20か所の点字ブロックに敷設されたバーコードを

スマートフォン活用により視覚障害者が単独で移動出来るシステムとして「高度化点
字ブロック実証実験」を当会主催により開催致します。

アイフォン教室受講者の方、スマートフォンを活用されている方、お付き添いの方な
ど多くのみなさんの体験を求めております。

尚、体験会は事前予約をお願いしております。

区職員さん、メーカーの方が同行致します。

今後、現在建設されている区本庁舎などにて設置検討しており、私たちの声、評価が
重要ですのでご協力お願い致します。

@ 開催期間 8月 21日(月曜日) から 25日(金曜日)

A 体験時間 (2回有) 第 1回 午前 10時 から 11時 30分  第
 2回 午後 2時 から 3時 30分 (各回 2名)

デモ機も準備しますが、ご自身のスマートフォンを必ずご持参下さい。

申し込み先 事務所 03−6662−5900

申し込み締め切り 8月 18日(金曜日)

当日は同行した職員さんからアンケート調査があります。
集合受付場所は梅とぴあ区民交流スペース付近に「高度化点字ブロック実証実験受付」を設置しますので担当者に申し出下さい。

三療部責任者会議・研修会開催について  副理事長 高野 和男

(1) 「三療委員会・会場責任者合同会議」

@ 開催日時 8月 3日(木曜日) 午前 10時から

A 開催場所 世視協会館多目的室

新年度になり様々な問題が発生しており、特に受付業者の件と責任者の役割、予約に
ついて緊急対策が求められているので必ず会場責任者は出席下さい。



(2) 都盲協城南ブロック研修会開催

会報にてお知らせ致しましたが本年度は世田谷が担当当番です。

区事業に従事されている方は必ず研修受講が必要です。可能な範囲で参加下さい。

@ 開催日 9月 17日(日曜日) 午後 1時 30分から

A 講師 前田智洋先生

B テーマ 「腰痛症に対する鍼灸手技療法」

C 会場  世田谷区立保健医療福祉総合プラザ 1階 会議室1

申し込み締め切り 9月 1日(金曜日) 高野まで



(3) 敬老の日 やわらぎマッサージ 開催について

本年度も9月 18日(月曜日) 千歳温水プールにて来場者の方におもてなしマッ
サージを実施します。

社会福祉協議会より 6名の施術者依頼がありましたので募集致します。

当日は謝金が出ますので印鑑を持参下さい。

@ 開催日 9月 18日 (月曜日・祝日)

A 開催時間 午前 9時 45分 から 午後 12時 45分

B 募集人数 6名

参加いただける方は高野まで

令和 5 年度 第 20 回 通常総会開催について

第 20 回 通常総会の開催日が決定致しました。

会員のみなさまは出席願います。

尚、総会資料の発送は 5 月 10 日以降を予定しております。

日時 5 月 29 日(月曜日) 午後 1 時 30 分から (受付 午後 1
時)

会場 児童相談所 1 階会議室   世田谷区松原 6−41−7
総会は出席者及び委任状提出者により成立、議案5件は全て承認されました。
特に、三凌運営に対しての要望、受付体制の見直しなど厳しい改善が多数寄せられました。運営のご協力をいただきましたボランティアさんに感謝申し上げます。

戻る